• スタッフブログ
  • スタッフブログ
  • リンク
  • リンク
  • Salon's Information
  • 〒464-0841
    愛知県名古屋市千種区覚王山通
    8丁目70-1
    サンクレア池下 3F
    TEL 052-753-9353
  • メールでのご予約、またはお問い合わせはコチラから

スタッフ紹介

麦谷 郁子(店長)

私の経歴をお話させてください。
高校生のときユング心理学に興味を持ち、名古屋大学で臨床心理学を学びました。卒業後、椙山女学園大学人間関係学部で働く縁に恵まれましたが、臨床家には向いてないと悟り、一転、某進学塾で中学生に英語を教える仕事をし、今に至っています。講師としての仕事の壁にぶつかり、趣味を持とうと思って始めたアロマ。素晴らしい先生と出会い、すっかりはまってしまいました。少し形は変わりましたが、「セラピスト」に戻ってきたわけです。

実は、香りに興味を持つもう少し直接的なきっかけがありました。ひとつめは、当時の家庭教師先にあった「ランプベルジェ」。普通の芳香剤とは違うな、と思いました。(注:「ランプベルジェ」は決してアロマテラピーではありません。ご注意ください) 次に、家で合成洗剤を使わなくなり、なんとなく洗濯物に香りが欲しくなったとき、精油を使ってみたら、と薦められたこと。精油を売っていそうな雑貨店に 行ってみました。
麦谷 郁子(店長)
当時は精油の種類など何も知らず、わかったのはラベンダーくらいでした。香りを嗅いでみると、すごく強烈な香りで、むせかえりそうでし た。
今から思えば、瓶から直接嗅いだわけですから、強烈でも仕方ありません。「イランイラン」って何て名前なんだ!と思いましたし(「花の中の花」という 意味なんですよ)、柑橘系の精油は、果汁とかわらない気がしたので、なんて詐欺な商売なんだ!と思いました。いろいろ香りを試して買ったのが「ローズウッ ド」です。買ったときはいい香りと思ったのに、次の日はいい香りに思えず、なんでこんな精油を買ってしまったんだろう、と思いました。好きな香りは、その 時の心身の状態を反映するなんて、もちろん、当時は知りませんでした。当時は洗濯物の香り付けや、箪笥の芳香剤のかわりに使っていました。
大量に使って、 箪笥をあけたとたん頭痛がしました。ものすごく精油に失礼な使い方をしていたのです。
せっかく買った精油をどんなふうに使えばよいのかわからなかったので、そのためにはアロマテラピーを勉強しなければならないのね!と、思ってしまいました。
何でも勉強しなければ、と思うのが私の癖なのですが、とても自然に通信教育でアロマテラピーの勉強ができるところをネットで検索していま した。
そして、数日後にはアロマコーディネーター協会に申し込んでいました。通信教育の課題を全部こなしたのは、これが初めてでした。とにかく、毎月作る クラフトが楽しく、それを使うのが嬉しかったです。化粧水と化粧クリームを自分で作り始めたのはこれがきっかけです。毎回違う香りと作用のものを作り、自 分の肌で試し、改めて精油のパワーを実感しました。

課題を提出するだけでは大事なことが頭に入らないぞ、と思い、 「アロマテラピー検定」を受けてみようと思いました。久々の受験勉強でした が、大学受験のときのようにがむしゃらに覚えようとはしませんでしたから、勉強もとても楽しくできました。
無事にアロマコーディネーター協会認定「アロマ コーディネーター」の資格を取り、「アロマテラピー検定1級」に合格し、 アロマ環境協会認定「アロマアドバイザー」の資格を取りました。
2004年のことでした。実はこの前後、思わぬ道に入り込むことになってしまいました・・・。  2004年の春、椙山女学園大学のオープンカレッジのパンフレットを見ていたら、アロマテラピーの講座が目に入りました。ちょっと行ってみ ようかな、と気軽に申し込んでみました。そこで出会ったのが、大沼由実先生。今まで自分で勉強してきたことに関して、「なるほど!そういうメカニズムだっ たのか!!」と感動の連続。
すぐに只者ではないことがわかりました。大沼先生の虜になってしまい、本格的にメディカルアロマテラピーを勉強したい!と強く思いました。

そしてNARD JAPAN ナード・アロマテラピー協会でもう一度初めから勉強することを決心し、現段階で、アロマインストラクターとセラピストの資格を取得しています。
大沼先生は 私の人生を変えた師です。大沼先生の学識の深さは医者に引けを取りませんが、もっと感動したのはその無条件の愛です。あんなにお忙しいのに私のような者の 質問にも丁寧に答えてくださり、時間も作ってくださいました。久しぶりに教わる立場を経験し、「教育とは愛を伝えることだ」と実感しました。それがわかっ てから、進学塾での私の授業も変わってきました。

あったかい授業になってきました。自分でも授業をするのが楽しいです。「無条件の愛」は、私のライフワー クになるだろうと思っています。アロマはその手段にすぎません。講師としてアロマを伝えることも、セラピストとして施術することも、進学塾で英語を教える ことも、私にとっては「無条件の愛」を伝えることに他なりません。
2008年4月から仕事のパターンを一新し、仕事とアロマ、その周辺領域の勉強をすることにしました。新しい仕事として、専門学校でアロマ の授業をさせていただくことになりました。アロマを勉強し始めた頃、「専門学校で教えられたらな~」と夢を描いていましたが、現実となりました。生徒さん にも恵まれ、今も毎週楽しく授業をさせてもらっています。
香りで生徒さんの表情が一変するのを目の当たりにし、改めて香りのパワーを実感しています。
勉強 の方はと言いますと、エネルギーワークとしてのアロマテラピー「サトルアロマテラピー」に興味が出てきました。
精油が持っている波動エネルギーを人間の オーラに用い、肉体のみならず、感情・精神・魂の領域にも働きかけるものです。
その他、クリスタル、オーラソーマ、フラワーエッセンスなど、色々なエネル ギーワークを広く勉強することにしました。

というわけで、4月から月2回、東京に「サトルアロマテラピー」の勉強に行き、9月30日、皆様のご協力をいただきまして、London School of Aromatherapy Japanより、サトルアロマテラピー・プラクティショナーの認定証をいただきました。
この半年、本当に楽しく勉強させていただきました。今まで根拠のあるもの、論理的思考にばかり価値を認めてきましたが、直感を信じて行動することもできるようになりました。ようやく左脳と右脳がバランスよく働き始めたようです。
精油も、薬理ばかりを重んじるのではなく、精油そのものがもっているエネルギーを感じながら、必要な精油を選ぶことができるようになってきました。
サトルアロマテラピー、オーラソーマ、クリスタル、フラワーエッセンス、成功哲学に基づいた自己啓発セミナーにも顔を出しましたが、どの講座でも「言霊の力」と「ポジティブな思考」の大切さを学びました。
私達の人生は思考によって導かれています。思考が「原因」、人生が「結果」です。だから、常にポジティブな思考をしていれば、幸せな人生がやってくるわけです。「思考は現実化する」というのは事実です。脳はどうも肯定文と否定文を区別することは苦手なようです。
例えば「ピンクの象が窓から入ってきませんでした」という状況を想像する場合、結局象は入ってこなかったのですが、ピンクの象を想像してしまいます。
脳は言葉にしたことを必ず想像してしまうようです。それがポジティブ思考の原点です。とするなら、「幸せになりたい」と思考するより、「すでに幸せです」と思考する方が幸せになれます。
「幸せになりたい」という思考は「まだ幸せではない」ことの裏返しであり、「今不幸である」状況を現実化してしまいます。
しかし、「すでに幸せです」と思考すれば、「今幸せである」状況を現実化しますから、常に幸せでいられます。
それは「今、ここに自分が生きていること」をそのまま受け入れることでもあります。「ありのままの自分が美しい」ということでもあります。

そして2009年、「自分は地球や宇宙の大きな見えざる力によって、地球上のすべてのものと繋がり、今この瞬間にここに生かされている」と いう結論に達しました。
すると、「自分を生かしてくれている地球へ恩返ししたい、感謝の気持ちとして地球を癒していきたい」という気持ちが自然に湧いてき ました。
エスポアールはそれを体現していく場です。エスポアールを通して、「愛」と「感謝」の輪を広めていきます。
癒しの場を提供していきます。地球も人も、癒されることで忘れかけていた本来の姿を取り戻していきます。
癒された人は、感謝の気持ちや恩返しとして、自分の回りの人や、自分を生かしてくれている地球に優しくなります。
エスポアールは、そんなサイクルを作っていけるサロンになります。

安達 三栄

人間が誕生してからずっと私たちは植物に頼り植物とともに生きてきました。
アロマテラピーは人々が植物と付き合う中で得た知恵であり恩恵だと思っています。
アロマテラピーの魅力はたくさんあります。植物由来の天然の香りは私たちの身体、心に有用に働いてくれます。
私自身もアロマセラピーに出会い、その魅力に引き込まれ、毎日使っていく間にたくさんの発見や恩恵を受けました。
植物の力は私の想像をはるかに超えていました。
精油、ハイドロゾル(ハーブウオーター)をはじめ、ハーブやキャリアオイルの使い方は少し分かればとても簡単で使いやすいものばかり。
アロマセラピーのすごさを皆さんに伝えていきたいと日ごろから思っています。
エスポアールにお立ち寄りいただいて、ぜひ、その魅力をご体験ください。
安達 三栄

金森 景子

サロンの扉を開いてくださった皆様に、ゆったりと心地良いひとときをお過ごしいただけますよう、その日のお身体と心の声に耳をすませ、精一杯心を込めてお迎えいたします。

私は、できたら日々自分らしくたくさん笑って楽しんで過ごしたいと思っていますが、この複雑な現代社においては絶えず様々なことがあり翻弄されがちです。でもそんな時、好きな香り(アロマ=芳香)に触れると緊張が緩むのを実感します。例えば道を歩いている時、どこかのお宅のキッチンから美味しそうな香りが漂ってきて、思わず心が緩んでしまったことはありませんか。毎日の生活の中で、私は大好きな香り、(例えば雨上がりの土の香り、からっと乾いた洗濯物から漂う太陽の香り、庭です くすく育った摘みたてのハーブたちの香り、そして毎日欠かさない大好きなワインの繊細で複雑な個性ある香 り・・・など)から本当にたくさんのエネルギーをもらっていると思います。
そんな私ですが、心身のストレスが気になり始めた30歳の頃、天然の植物の芳香成分が凝縮された「精油」に出会いました。香り好きの私は、精油の芳香はもちろん、精油のもとである植物、それが生み出される過程、薬理作用、エネルギーについてなど、すぐに興味を持ちました。勉強嫌いな私ですが、これらをひとつずつ学び、知ることがとても楽しく、「精油」の持つ魅力とパ ワーにどんどん引き込まれて今に至ります。
折に触れて、豊かな自然の恵みの詰まった計り知れない「精油」の魅力について、また私たちの心と身体にもたらす 「精油」の様々な作用について、お話や施術をとおしてお伝えさせていただけたらとても嬉しく思います。
金森 景子